本文へスキップ

断熱塗料販売 断熱塗装のエキスパート アクアダンネツ株式会社

断熱塗装 ご購入は 04-7192-2642

メールフォームへ

セラミック・カバーCC100荷姿 開封 攪拌 吹付け

セラミック・カバーCC100 荷姿

断熱する塗料 セラミック・カバーCC100「荷姿」

セラミック・カバーCC100

荷姿:1缶、約12s 5ガロン缶で約19リットル
バケツ : 黒色 丈夫で耐久性あり
比重 :0.59
中身本体 : 水性で1液性 色 : 白のみ 着色可
上フタ:30cm 立長:38cm 下面:26cm

セラミック・カバーCC100 開封及び攪拌作業

塗料型断熱材『セラミックカバーCC100』の荷姿

 主に関係者は「セラミック・カバー」または「セラミックカバーCC100(シーシーひゃく)」と呼んでいます。冬季保存について、凍結すると効果が維持できなくなり使用が不可能となります。出来るだけ暖かい所で冬越しして下さい。開封の方法は、上部、蓋の横に小さな切り込み用のヘコミがありますので、切込みを縦に全箇所に入れて開封して下さい。使用済みの5ガロンバケツは、リサイクル、あるいはきれいに洗浄した後に取っ手金具を外して廃棄して下さい。CC100は開封時にはセラミックとバインダーが分離しており、攪拌用工具(スクリュー)で低速で攪拌する(かき混ぜる)必要があります。
蓋開封 解説1
蓋の横にある窪みを確認。
蓋開封 解説2
蓋周り横にある窪みにタテに切れ込みを入れる。全箇所(8ヶ所)行って開封します。
バケツには取っ手金具も付いておりますがバケツ本体も直に持ち運びし易い形にしてあります。
塗料缶 取っ手
省エネに適した環境国際ラベル「エネルギースター」

Energy Starラベル

セラミック・カバーCC100は国際エネルギースター・ラベルの付いた製品です。一定の省エネルギー基準を満たし低減性に優れた製品にのみゆるされたマークで使用ガイドに基づき、地球環境に考慮したもの、省エネやCO2の削減に適した製品等にこのラベルが付いています。電子機器から一般住宅、オフィス、病院、スーパーマケットと建造物等でもエネルギーをより効率的に、経費を節約、削減しながら使い、広い面から地球温暖化をはじめ環境保護に貢献できるようにするものとして世界中で使用されています。

セラミック・カバーCC100攪拌作業手順

断熱塗料を撹拌(かくはん)して使用する

攪拌について

 上部で攪拌すると外に飛び散りやすいので注意が必要です。バケツの中、側面、底部にかたまりがあるのでまんべんなく、丁寧に低速で攪拌していきます。バケツの側面を攪拌機でキズを付けないよう、13分〜15分くらいを目安に全体がクリーム状になるまで攪拌します。良い攪拌は大切な仕事の一つです。ハケ塗りをする場合には、塗りやすくする為に緩和剤を入れ、攪拌する方法もあります。攪拌の際に水性着色剤を入れ、お好みのパステルカラーにする事もできます。
断熱塗料の撹拌作業手順1と2

写真@:

 開封状態。この時点では、シリカ(固形物クラスト80%)は上部に浮いた状態で、水分(20%)は下部に下がった、分離した状態にあります。写真Aは蓋部。蓋にも若干の断熱塗料の付着があります。
断熱塗料の撹拌作業手順3と4

写真B:

表面を崩した状態。写真Cは攪拌機を始めて入れた様子。固形物を多く含んでいることが分かります。CC100は類を見ない「塗料」の形をしている「断熱材」なのです。
断熱塗料の撹拌作業手順5と6

写真DE:

攪拌機を用いて底部まで丁寧に(低速)全体がクリーム状になるまで攪拌。断熱効果と寿命(対象物)を長持ちさせるための大事な作業。
断熱塗料の撹拌作業手順7と8

写真F:

攪拌終了直前。クリーム状に変化していく様子。写真Gかき混ぜる事を止めて攪拌終了。綺麗なクリーム状に成りこの状態で初めて使用していくことが可能になります。

セラミック・カバーCC100 圧送機によるエアレスガン塗装例

他では見れない折板屋根断熱吹付け塗装

塗装1層目

 写真1は塗装始め。洗浄後に塗布。プライマーを必要としないのもセラミック・カバーCC100ゆえの特徴。接着力が非常に良く、夏場は特に乾燥が速いです。夏場は屋根表面の温度が70度以上になりますが、このCC100を塗布をする事により、素足で歩いても気持ちの好い温度に下がります。写真4は1層目終了時。

 屋根や壁などの場合標準2層塗りです。第一層は薄く、0.1o厚で塗布して対象の素材にセラミックカバーCC100を付きやすくします。(つまりプライマー代わりです。)よく乾かした後に第2層を0.25oで塗布します。(膜厚0.35o以上で目安は下地の色が見えなくなる事です。)塗布機は高圧エアレスガン(150kg〜210kg厚)を使用し塗布。2層目以降の塗布完全乾燥状態は、天候、温度等の諸条件により異なりますが約3〜4時間を必要とします。分からない際にはお気軽にご相談ください。
屋根、壁は標準2層塗りで0.35o〜0.5o厚。
セラミック・カバーCC100は2層からなる、塗装膜(境膜)の働きにより断熱をします。

作業の注意事項

  • 天候や空気中の湿度に気を付け場所によっては風通しを良くする等、埃に注意し、乾燥条件をよくします。
  • 塗布面の埃、油分、古い塗膜、水気を取り除き、きれいな支持層にします。
  • コンクリート等の表面が粗い場合には、まずコンクリート・シーラーを塗布し、塗り易くした方が塗料の無駄もなく済みます。
  • 塗料を使用する前には攪拌を十分に済ませますが作業中、比重の関係で液体が下がった場合に改めて塗料を攪拌して使用します。
  • 塗布にはエアレススプレイ器具による吹付け塗装が好ましいですが、刷毛塗り、ローラーを使う際には塗り良くする為に緩和剤を加えて塗る方法があります。最近では刷毛塗りする場合においては以前のものよりも若干のり、品質、共に良いです。ですがローラー塗りには工夫が必要。塗り難く感じたら再度攪拌をします。
  • 重ね塗りの際、前の塗膜を完全に乾かし一度に厚く塗らないようにします。
  • セラミック・カバーCC100は水性ラテックスがベースで、乾燥が速いのでホース及び器具の使用終了時には水に浸し洗浄します。休憩などでやむなく作業を一旦中止する場合は固まり具合に注意します。
  • 原色は白ですが、パステルカラーの着色は塗料店で水性の着色剤を求め、攪拌すれば良いです。あまり黒っぽい色は熱吸収があるので注意します。
  • 表面の汚れから守るため、水性トップコートをお薦めしております。トップコートでの着色も可能です。ご相談下さい。
  • セラミック・カバーCC100は性能を重視した内容固形物が85%以上含まれた贅沢な塗料です。不明な点についてはCC100従事者、正しい施工を経験した者のアドバイスを受けるようにしましょう。

バナースペース

アクアダンネツ株式会社

環境システム事業部
〒270-1443
千葉県柏市鷲野谷1043-11

TEL 04-7192-2642
FAX 04-7192-2643